Linoタイトルロゴ

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜


(現在お休み中)
 

 
Linoのブログ


ニャンコのフォト

 

-天気予報コム-

 

楽天市場でお買物



人気のハワイアン






人気のアジアン

 

 

 

 

天然石の種類

天然石について 天然石の種類は多くその中でもアクセサリーや観賞用として使われるものを紹介します

天然石はその色や鉱物の種類によってそれぞれの意味を持ちます。石によっては誕生石であったり、火や水といった属性があります。 鉱物、鉱石、天然石の中の多くは昔からその美しさから特別な力や意味や効果があると信じられ、パワーのある石として伝えられています。 自然が長い時間をかけて作りだし、地球のエネルギーを吸収して成長します。そうして出来た天然石の種類は1つとして同じものはなくたくさんの種類があり、またその色や形などからパワーストーンの効果も変わります。 また、石は薬草のように昔から医療用としても使われており、特にインドやチベット、中国の伝統医学では薬石治療が確立されていたり、今でも代替医療の一環としてハーブと共に使われることもあるようです。

*石の意味・伝承や石言葉はその鉱物の効能を保証するものではありません。

50音順 天然石リスト

天然石についてアイオライト 菫青石 / Iolite 自信を喪失した時に、自分自身を取り戻す石とされ、目標に向かって正しく進むことができると、伝えられている。 仕事運
別名 菫青石・ウォーターサファイア・コーディエライト・ダイクロアイト
化学組成 Mg2Al4Si5O18
モース硬度 7〜7.5
主な産地 ミャンマー・ブラジル・スリランカ・インド・マダガスカル
一見すると濃いブルーだが、実際はクリア、イエロー、ブルーの三色を有している。角度を変えると色が変わる、多色性のある石。古くはバイキングがこの石を通して太陽を見、自分の位置を測ったという、羅針盤の石。真っ青で透明度の高いものは宝石質である。
やることが多すぎて頭が混乱したり、気分が滅入っていたり、やる気が出ない時などに、気持ちの切り替えを促してくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 さっと水に流した後、日光浴か月光浴またはクラスターで浄化。長時間の紫外線は避ける。高価なジュエリータイプは流水も避ける。

天然石についてアクアオーラ(人工石)  人の持つオーラを綺麗にして在的能力を引き出します。

天然石についてアクアマリン 緑柱石 / Aquamarine 恋人達の愛を復活させ、より深い愛情に恵まれる石として、また穏やかで平和な気持ちに導くと、伝えられている。 恋愛運
別名 藍玉・ベリル・緑柱石
化学組成 Be3Ai2Si6O18
モース硬度 7.5
主な産地 ブラジル・マダガスカル・ナイジェリア
石の特徴・意味など ベリル鉱物の中でも、スカイブルーのものをアクアマリン(海水の意)と呼ぶ。青とクリアの二色性を持つが、青みが出るようにカットされることが多い。また、針状の内包物によってキャッツ効果が出るものもある。
古くは漁師や船乗りの海難除けのお守りとして船に持ち込まれた。澄んだ海水のように、心を穏やかにして潤いを与える。
三月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化が適する。ただし、太陽光は短めに。

天然石についてアズライト 藍銅鉱 /Azurite 想像力や直観力、洞察力を高めるので、物を創造する仕事の人に良いです。魔除けのパワーも大変強い石。 健康、想像力、対人関係
別名 藍銅鉱・チェシーライト
化学組成 Cu2+3(CO3)2(OH)2
モース硬度 3.5〜4
主な産地 オーストリア・チリ・ロシア・アメリカ
石の特徴・意味など ほとんどが塊状で発見され、柱状の結晶は稀である。マラカイトと共生している場合も多い。
古代より神聖視されてきた石で、洞察力を高め、肉体と精神を浄化すると信じられている。パワーストーンとして強い力を持つと言われるので、石に当たりやすい人や石の影響を受けやすい人は、優しいパワーの石と組み合わせるなど工夫されることを薦める。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香でいぶす。流水、太陽光は避ける。衝撃に弱いので取り扱いには充分注意すること。

天然石についてアズロマラカイト 藍銅鉱孔雀石 /Azurmalachite 協調性、社交性を高め、また心の中の心配事や雑念を払拭し、知恵を作り出すと、伝えられている。 対人関係
別名 アジュラマラカイト・アズラマラカイト・アズライトマラカイト
化学組成 Cu2+3(CO3)2(OH)2
モース硬度 3.5〜4
主な産地 オーストリア・チリ・ロシア
石の特徴・意味など アズライトとマラカイトが共生した石。ダークブルーがアズライト、グリーンがマラカイトだが、両者の構成成分は同じ(銅の水酸化炭酸塩)である。
同じ構成成分でありながら、色も硬度も違う二つの石が混ざりあう様は、人間が持つ二面性、現実と理想を示し、調和と協調を促すという。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香でいぶす。流水、太陽光は避ける。

天然石についてアゼツライト 疲れてしまった人に癒しや愛のパワーを与えてくれる。

天然石についてアパタイト 燐灰石 / Apatite 固定概念や周囲に惑わされることなく、自己を主張することができると、伝えられている。 才能の開花
別名 燐灰石
化学組成 Ca5(PO4)3F
モース硬度 5
主な産地 ブラジル
石の特徴・意味など ブルー、グリーン、イエロー、パープル、クリアなど、様々なカラーバリエーションのある石。繊維状組織を持つものは、カボションカットやラウンドカットにすると、美しいキャッツ効果が出る。
人間の歯や骨に近い成分で構成されている石のためか、なじみやすく、パワーが受け取りやすいといわれている。自己主張が出来にくい人が持つと、背中を押してくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と、月光浴またはお香で浄化。脆いため、取り扱い・持ち運びには注意する。

天然石についてアベンチュリン インド翡翠 / Aventurine 感情をリラックスさせ、心を癒し、素直な気持ちや優しさを呼び戻し、また柔軟な思考力を授けてくれると、伝えられている。 癒し
別名 インド翡翠・砂金石
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 インド
石の特徴・意味など 水晶と同じ石英グループの石。グリーンアベンチュリンは緑色クロム雲母の板状結晶が内包され、レッドアベンチュリンはパイライトが内包されている。内部でキラキラと光るのは、これらの内包物である。他にも、ブルーやオレンジ、ブルーグリーンとカラーバリエーションがある。
精神を安定させ、洞察力を高めると言われている。また、子育て中のお母さんや、人間関係のストレスで悩んでいる人へオススメの石。あたたかい愛情と包容力のある心が、穏やかなこの石から得ることができる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水・太陽光の浄化が適する。

天然石についてアポフィライト 魚眼石 / Apophylite 直観力や洞察力を高める、精神レベルをより高い状態に導く、目標を達成するための勇気と行動力を与える力がある。 直観力、洞察力、行動力

天然石についてアマゾナイト 天河石 / Amazonite 思考力、想像力を高め、進むべき方向を示唆してくれると、伝えられている。 勝負運
別名 天河石・マイクロクリン
化学組成 KAISi3O8
モース硬度 6〜6.5
主な産地 ロシア、インド
石の特徴・意味など 一般的にアマゾナイトというと、不透明でミルキーブルーグリーン、或いはグリーンに白い絹糸のような柄が走っているもの(ロシア産)が連想されるが、実際は、クリア、イエロー、ピンク、赤、灰色など、多くのカラーバリエーションがある。また、ムーンストーンと同じ長石グループの石でもある。
表現力を高め、コミュニケーション能力や社会適応性を促してくれるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 自浄能力の高い石で頻繁な浄化は必要ないが、流水と日光浴、月光浴とお香で、よりパワーアップするという。

天然石についてアメトリン 紫水晶 / Ametrine 可能性を広げる、穏やかなエネルギーを与える。判断力を養う。高度な癒し効果がある。陰陽バランスがあり人間関係や金銭的な流れをスムーズに、パワーバランスを取る。 判断力、精神安定、癒し
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・ボリビア
石の特徴・意味など 古くから存在していた石だったにも関わらず、市場に出まわり始めたのは20世紀後半になってからである。スギライト、チャロアイト同様、新しい「気付きの石」として注目されている。
アメシストとシトリンの両者が混在した水晶であり、双方の石のパワーを持つと言われる。緊張をほぐし、精神をリラックスさせてくれるという。芸術面に於いては、インスピレーションが豊かになり、表現力が増すお守りとされている。
何らかの問題で苦痛を感じている人へ、その苦痛の「壁」を中和し、原因の理解・解決へと導く後押しをしてくれる。先の見通しがきくようになり、明るい気持ちになれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と月光浴での浄化が適する。

天然石についてアメジスト 紫水晶 / Amethyst 邪悪なものを払い除け、真実の愛を守り、絆を深めると、伝えられている。 恋愛運
別名 紫水晶・アメシスト
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル
石の特徴・意味など パープルカラーの美しい水晶。古来より、多くの国で宝石として珍重されてきた。角度によって赤みが強くなったり、スモーキーが混ざっていたり、クリアになったりする多色性を持つ。ワインの色に似ている事から、アメシストを身に付けていると酒に悪酔いしない、という伝説がある。
精神の不調を緩和し、自分でも気付かない隠れた能力を引き出すと言う。また、その美しさからクリエイティブな仕事をする人に人気がある。紫色は浄土や極楽を示すカラーシンボルでもあるので、不眠除けや魔除けに身につける人も多い。
二月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 太陽に長時間あてると色が抜けることがある。浄化は流水とお香で。

天然石についてアラゴナイト 霰石 / Aragonite 社交性、思いやり、愛情等が高まる石として、また、物事を常に明るく考え、行動力を高め、人生を有意義に導くと、伝えられている。 対人関係
別名 あられ石
化学組成 CaCO3
モース硬度 3.5〜4
主な産地 スペイン・中国・アメリカ・ブラジル
石の特徴・意味など カルサイトと同じ成分だが、結晶の形が違うため両者を分けている(同質異晶)。
スペインのアラゴン地方で発見されたため、この名がついた。無色透明なものから、不透明、イエロー、ブルー、ピンク、グリーン等のカラーバリエーションがある。鍾乳石の多くはアラゴナイトである。
優しい石なので持ち主との相性を気にする必要はない。強力なパワーはないが、柔らかくあたたかいエネルギーを持った石。精神的に疲れ、誰にもわかってもらえないようなストレスを抱えた人を癒す。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化が適する。紫外線のきつい夏場は、太陽光は短めに。

天然石についてアレキサンドライト クリソベリル / Alexanadrite 迷いの多い双子座の心を安定させる。精神、情緒、霊性を集中、強化、調整する。喜びをもたらす。創造力を高める。夢や空想を含めたイメージを刺激する。 精神安定、想像力

天然石についてアンダルサイト 紅柱石 / andalusite 石を見る角度によって色が違って見える多色性の代表的な宝石。カットするときは一つの色を最大限引き立たせるのではなく、オレンジブラウン、イエローグリーン、金色などの色がミックスされるようにされ、ファセットの周りにカラーダンス(色が踊るように変わる)パターンが見えます。

天然石についてアンバー 琥珀 / amber 大きな勇気を与えてくれる。精神の安定を与えてくれる。疲れやストレスを癒す。高ぶった感情を鎮める。冷静になれる。心を暖める効果もあります。邪気ばらいの効果。 厄除け、精神安定、ストレス解消
別名 琥珀
化学組成 C,H,O+H2S
モース硬度 2〜2.5
主な産地 ロシア・リトアニア・ドミニカ
石の特徴・意味など 厳密には鉱物でなく、樹脂の化石である。ほとんどの琥珀は蜂蜜色をしているが、中には黒、赤、緑、紫色のものも発見されている。ドミニカ産のブルーアンバーは、ブラックライトで照らしたり黒い布の上に乗せると、美しいブルーが浮かび上がる。アンバーは加熱すると独特の香りがするため、古来より虫除け、香料、塗料に使われてきたが、現代では殆どが宝飾品となっている。
手触りがマットで温かいため、高ぶる感情を落ち着かせ、気持ちをリラックスさせると言われている。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光に適する。ただし、脆い石なので持ち運びには注意。

天然石についてイーグルアイ(クォーツァイトキャッツアイ) 「幸運を招く石」として、古くから大切にされてきました。

天然石についてイエローオパール 蛋白石 / Opal 「愛」を象徴し、将来の不安を除去し、希望をもたらし、幸せな方向に導くと、伝えられている。 恋愛運

天然石についてイエローカルセドニー 玉髄 / Yellow Chalcedony 心を穏やかにして寛容さをもたらし、不安事をプラス方向へ導くと、伝えられている。 幸運 癒し

天然石についてインペリアルジャスパー

天然石についてエメラルド
別名 ベリル・翠玉・緑柱石
化学組成 Be3Al2Si6O18
モース硬度 8
主な産地 コロンビア・オーストリア・インド・ブラジル・南アフリカ・エジプト
石の特徴・意味など ベリル(鉱物名)の一種でアクアマリンと同じグループ。他のベリル鉱物に比べ結晶の条件が厳しく、クラックがないものはほぼ皆無である。大変古くから人類に愛された石であり、紀元前4000年には既に取引されていた記録がある。旧約聖書・新約聖書等にも登場し、以後様々な時代で研究されてきた。クレオパトラがエメラルド鉱山を持っていたという話は有名。
古くは「薬になる」といわれ、毒消しに使用された。目の病気除けに、ネロ皇帝がエメラルドの眼鏡を持っていたとも伝わっている。
純潔のあかしや、負傷や病気を治す不思議な力を持つと信じられている。仕事の能率が低迷している人に光明をもたらすという。
5月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水・月光浴・お香での浄化。紫外線に弱いため長時間の日光浴は避ける。
硬度は高いが割れやすいため取り扱いには注意。

天然石についてエンジェライト 硬石膏 / Angelite 成長過程のお守りとして、停滞状況から脱却し、自分自身の質的向上を計り、新境地を開拓させると、伝えられている。 成功運 お守り
別名 硬石膏・アンハイドライト
化学組成 SrCaSO4
モース硬度 3〜3.5
主な産地 ペルー・南アフリカ
石の特徴・意味など 半透明〜不透明の石で、可愛らしいミルキーブルーをしている。もろく傷がつきやすいが、研磨によって美しい光沢が生まれる。
判り易いメッセージ性から、ニューエイジと呼ばれる人々に絶大な人気を誇る。パワーが伝播しやすく、持ち主の願いが石に、石から遠く他の存在・世界へと、届けられやすいと言われている。無意識下にある恐怖や潜在的な苦痛に対し、ヒーリング効果がある。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香・月光での浄化に適する。水には濡らさないほうが良い。硬度が低いので、取り扱いには注意。

天然石についてオニキス 意志や信念を強め、邪気を祓い、ネガティブな波動を吸収する。
別名 オニクス・オニッキス・オニックス・オニュクス・黒瑪瑙・サードニクス
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 インド
石の特徴・意味など アゲートの一種で、白色・褐色・黒色等の縞模様が直線状になっているものを指す。縞の部分をサード、縞のない部分をオニキスと呼ぶこともある。日本ではオニキスと言えば漆黒の石を連想する事が多いが、天然色ではない。黒いオニキスは染色されたものであり、無処理のものは前述の色をしている。
本能を覚醒させ、肉体の隠れた運動能力を引き出すと言う。また、古くから悪霊除けのお守りにもされてきた。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。

天然石についてオパール 蛋白石 / Opal 「愛」を象徴し、将来の不安を除去し、希望をもたらし、幸せな方向に導くと、伝えられている。 恋愛運
別名 蛋白石
化学組成 SiO2・nH2O
モース硬度 5〜6.5
主な産地 オーストラリア・メキシコ
石の特徴・意味など 通常5〜10パーセントほどの水分を含み、多くの鉱物と違い非結晶質である。様々な色がきらめくイリッデンス効果のあるもの(プレシャスオパール)と、不透明なもの(コモンオパール)の二種類に大別される。コモンオパールの中でも色が鮮やかなメキシコ産ファイアオパールは、イリッデンスがなくてもプレシャスオパールに含まれている。
潜在意識に働きかけ、アイディアやひらめきをもたらすと言われている。「希望の石」「神の石」として尊ばれ、霊的パワーが強いとされる。
原石は乾燥によるひび割れなどが生じやすいので、注意を要する。
十月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と月光浴での浄化が適する。太陽光は厳禁。割れやすいので取り扱いには注意。

天然石についてオブシディアン 黒曜石 / Obsidian 眠っていた才能を開花させ、積極性が発揮されるよう導くと、伝えられている。 才能の開花
別名 黒耀石
化学組成 SiO2+CaO,Na,K
モース硬度 5
主な産地 メキシコ
石の特徴・意味など 天然ガラスであり、通常は黒色だが、褐色・灰色・赤・青・緑色の物も見つかっている。黒地に褐色、黒地に灰色や白(スノーオブシディアン)、黒地に虹色の遊色効果があるもの(レインボーオブシディアン)などの種類がある。内包物によって、金属的な輝きを出すものもある。
黒色の反射は魔除けの効果が高く、無気力になっている人は、常に(眠る時にも)持つことでネガティブ状態から抜け出しやすくなる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。

天然石についてオリーブガーネット 灰鉄柘榴石 / Andradite 持つ人に変わらぬ愛情を意識させ、浮気することなく、忠実さや貞節を守ると、伝えられている。 恋愛運

天然石についてオリーブクォーツ 黄水晶 / Olive Quartz 災いや困難に遭遇した時、それを乗り越える力を発揮すると、伝えられている。 成功運

天然石についてガーデンクオーツ

天然石についてガーネット ざくろ石 / Garnet 忍耐力を養い、地道な努力を実らせ、勝利へ導くと、伝えられている。 成功運
別名 柘榴石(構成物質により、パイロープ、ロードライト、スペサルティン、アルマンディン、グロッシュラー等約14種類)
化学組成 Mg3Al2(SiO4)2またはCaAl等の2種に大別
モース硬度 7〜7.5
主な産地 マダガスカル、アメリカ、南アフリカ、ヨーロッパ、ブラジル、ロシア、インド、ミャンマー
石の特徴・意味など 非常に多くの種類がある石で、ガーネットグループとも呼ばれる。通常は赤色だが、濃淡によっても名称が変わる。また、カラーチェンジするタイプやグリーンのガーネットも見つかっている。グリーンガーネットの中でもデマントイドはダイヤモンドと同じ金剛光沢を持ち、特に価値が高い。
12使徒が持っていた或いは古都の門にはめられていたという12の石の一つ。古くから信仰の対象となってきた、歴史のある石でもある。
自分が持つ嫌な感情を浄化し、対人関係をスムーズにする。情熱を呼び覚まし、地道な努力を実らせてくれると言う。
一月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。衝撃に弱いので、取り扱いには注意。

天然石についてカーネリアン 紅玉髄 / Carnelian 怒りを静め、勇気を与えてくれる石として、また、悪意および嫉妬を取り除くと、伝えられている。 対人関係
別名 紅玉髄
化学組成 SiO2
モース硬度 6.5〜7
主な産地 インド・ブラジル・ウルグアイ
石の特徴・意味など アゲートの仲間で、一際美しい赤色で縞模様のないものを特別にカーネリアンと呼ぶ。
力強さと勇気を与え、何をしたらいいのかわからない人に目的意識を与え、積極性をもたらすという。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。高温で変色の可能性があるので注意(鍋で煮るなど極端な浄化方法は避けて下さい)。

天然石についてカイヤナイト 藍晶石 / Kyanite 過去のトラウマを払拭し、気持ちを落ち着かせ、良い方向に導いてくれると、伝えられている。 恋愛運 成功運
別名 藍晶石・ディスシーン(Disthene/二硬石)
化学組成 Al2SiO5
モース硬度 4〜7,5
主な産地 ミャンマー・ブラジル
石の特徴・意味など 通常は淡青色〜深青色だが、灰色・白色・緑色のものもある。結晶方向によって硬度が異なる石で、結晶が伸びている方向に対し垂直の面の方が硬い。
トラウマや固定観念に囚われた時や、悩み疲れた時に持つと良い。新しい知恵、閃きを得て、これまで自分が気付かなかった世界観へとステップアップできるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 月光浴・お香での浄化が適する。

天然石についてギベオン(メテオライト) 霊的な力を高め、強い精神力を授けてくれる。

天然石についてクォーツ(水晶) 水晶 / Rock Crystal 悪運を退け、あらゆる力が宿る石と、伝えられている。 幸運 恋愛運 金運 仕事運 健康運 成功運 勝負運 対人関係 癒し 才能の開花 お守り 安産
別名 水晶・石英・クリスタル
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・中国・ロシア・アメリカ・日本
石の特徴・意味など 地殻に産出する最もポピュラーな鉱物である石英の中で、無色透明のものを水晶と呼ぶ。産地によって特徴があり、それぞれ人気がある。古来より装飾品や魔除け、呪術などに用いられてきた。1950年に工業用の合成水晶が生産されるようになり、時計や発振子等に使用されている。
全てに調和を生み出し、他の石をまとめ、それらのエネルギーをより強く発揮させる。優れた浄化能力を持つ万能パワーストーン。形状によって様々な意味がある。
四月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 水にも太陽光にも強いので、流水と日光での浄化可能。但し、色つきの水晶は強い太陽光で退色するので注意。

天然石についてクリソコーラ Chrysocolla / 珪孔雀石 自らを奮い立たせ、本来の力が発揮できる石として、また自分の殻に閉じこもりがちな気持ちを開放させ、社交性を高めると、伝えられている。 対人関係 才能の開花
別名 珪孔雀石
化学組成 (Cu2+,Al)2H2Si2O5(OH)4・nH2O
モース硬度 2
主な産地 チリ、ロシア、ザイール
石の特徴・意味など 明るい緑や青みのかかった緑色の石。ごく小さな結晶しか成長せず、ほとんど塊状で産出される。石英やオパールと共生したものの方が硬度が高く、宝石などに使用される。
悲観的な考えを取り除き知性を豊かにするという。芸術関係に携わる人が持つと良い。また、女性らしい優しさや細やかさを高め、感情の表現方法をきめ細やかにしてくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 太陽または月光浴に適する。水は厳禁。もろいので他の石とは一緒にしないこと。

天然石についてクリソプレーズ 玉髄 / Chrysoprase 緊張を和らげ希望を持たせて、隠れた才能を引き出し、問題を解決して成功をもたらすと、伝えられている。 成功運 才能の開花
別名 カルセドニー、プレーズ、翠玉髄、オーストラリアジェード
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 オーストラリア、ロシア、アメリカ、ブラジル
石の特徴・意味など カルセドニーの中でももっとも価値が高く、古代ギリシアや古代ローマでは宝飾品として珍重された。茶色の母岩片が含まれない、半透明でアップルグリーンのものが上質である。
仕事の成功や、目標達成への明確なビジョンを気付かせてくれる石。 また、極度の緊張を和らげ、心を落ち着かせてくれるという。勇気が出ない人が持つと良いとされる。
浄化方法・取り扱い上の注意 月光浴と流水での浄化を。太陽光によって退色するので注意。

天然石についてグリーンパイライト 黄鉄鉱 / pyrite チャンスに強くなり、新たな収入源を開拓し、豊かな財源を引き寄せると、伝えられている。 金運 仕事運

天然石についてグリーンメノウ 瑪瑙 / Green Agate 様々なパワーを持つ石とされ、知性・幸運をもたらすと、伝えられている。 幸運 健康運

天然石についてクンツァイト リチア輝石 / kunzite 傷ついた心を癒し、愛する気持ちを再び取り戻すと、伝えられている。 癒し
別名 リシア輝石、スポデューメン
化学組成 LiAlSi2O6
モース硬度 6.5〜7
主な産地 ブラジル、ミャンマー、アフガニスタン、マダガスカル、カナダ、メキシコ、アメリカ
石の特徴・意味など 元々はカラーバリエーションのある石。ライラックピンクの石が発見され、1902年にこれを認知・発表した宝石学者G・Fクンツ博士の名を冠しクンツァイトと命名された。
慰めのパワーを持つとされ、孤独感や満たされないと思っている人を優しく包み込んでくれるという。精神を穏やかにし、夫婦や恋人と不和になった時などに持つと心が落ち着いて冷静になれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 月光、水晶クラスター、お香で浄化を。太陽光は退色するので注意。流水も避けた方が良い。

天然石についてコーラル 安産や子供のお守りとしても用いられてきました。

天然石についてサードオニキス 悪い異性から身を守り、本当の相手との絆を強めてくれる恋愛の守護石。

天然石についてサファイア 青玉 / Sapphire 不運を退け、幸運をもたらす石とされ、また大きなチャンスや運命的な出会いをつかむことができると、伝えられている。 幸運  恋愛運
別名 青玉/コランダム
化学組成 Al2O3
モース硬度 9
主な産地 インド、ミャンマー、スリランカ、オーストラリア、ナイジェリア、アメリカ、ブラジル
石の特徴・意味など コランダム種の中で、赤いもの(ルビー)以外の全てがサファイアと呼ばれる。
無色、ピンク、イエロー、パープル、オレンジ、グレー、ブラック等、色の種類は多岐に渡る。評価が高いのは、真っ青なブルーサファイアと、オレンジピンクのパパラチャサファイア(パパラチャは、スリランカ・シンハリ語で蓮の花の蕾の意)である。また、針状の内包物が入ったものは、スター効果が現れ、これも宝石価値を上げている。最近ではカラーチェンジするものも発見されている。
不運を払い、我欲や邪心を取り除き精神を清浄にすると言われ、決断力や直感力がアップするとされる。恋愛成就のお守りにも良い。
九月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 水晶クラスターやお香のでの浄化が適する。

天然石についてサンストーン 日長石 / Sunstone 太陽の力を宿す石とされ、積極的な行動をもたらし成功へと導くと、伝えられている。 成功運
別名 灰曹長石・日長石・オリゴクレース・アベンチュリンフェルスパー
化学組成 (Na,Ca)Al(Al,Si,)Si2O8
モース硬度 6〜6.5
主な産地 ノルウェー・アメリカ・インド・カナダ
石の特徴・意味など きらきらと内部から光るのは、内包されたヘマタイトによるものである。ほとんどが不透明なオレンジだが、無色透明な結晶の中に粒状のヘマタイトが輝くものは宝石質。また、カボションカットにするとキャッツ効果が現われるものもある。
明るい気持ちにしてくれる石で、隠れた力・眠れる才能を引き出してくれるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水浄化は軽く。太陽光も短めに。

天然石についてシーブルーカルセドニー 玉髄 / Sea Blue Chalcedony 穏やかな気持ちになり、優しさに満ちた幸福をもたらしてくれると、伝えられている。 幸運

天然石についてジェイド(ひすい) 硬玉 / Jadeite 機転が働き、多くの知恵を授け、学業成就・商売繁盛に導くと、伝えられている。 成功運 勝負運
別名 ジェード 【注意】ジェダイト(翡翠輝石・本翡翠・硬玉)とネフライト(軟玉)の二種類がある
化学組成 ジェダイト>Na(AlFe3+)Si2O6 ネフライト>Ca2(Mg,Fe2+)5SiO22(OH)2
モース硬度 ジェダイト>6,5〜7 ネフライト>5
主な産地 ジェダイト>ミャンマー・グァテマラ・日本 ネフライト>中国・ロシア・オーストラリア・アメリカ
石の特徴・意味など
●ジェダイト
グリーン・ライラック・ブルー・レッド・ホワイト・ブラック等カラーバリエーションが豊富。半透明でグリーンのものが、宝石用としては最上級。また、日本となじみの深い石で、世界でもジェダイトを最初に宝飾にしたのも日本である(縄文中期)。中国では産出されない。
冷静さと忍耐力を養い、意志が強くなる。向上心が芽生える。
●ネフライト
長い間ジェダイドとネフライトは同一と思われてきたが、1863年に別の石であることが判明した。ネフライトは2000年以上前から、中国で宝飾品、武器、彫刻品などの石材として流通してきた。産出地域によって色の濃淡や黒いインクルージョンがあり、それぞれ別名が多い。
魔除けの身代わり石。心が弱くなっている時に持つと、前向きになれるという。新しい出会いの際にも持って行くと、印象を良くする。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光の浄化に適する。

天然石についてシトリン 黄水晶 / Citrine 商売の繁盛と富をもたらす「幸運の石」として、また勇気を与えてくれると、伝えられている。 金運 仕事運 健康運
別名 黄水晶・シトリントパーズ
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・中国・ロシア・アメリカ
石の特徴・意味など くすんだ黄色〜オレンジイエローのものが多い。この色は内包された鉄によるもの。なお、今日市場に出回っているのは、ほぼ人工熱処理を施されているが、パワーには問題ないとする説が多い。無処理のシトリンはスモーキーに近いくすんだ印象の黄色である。レモンクォーツと混同されがちだが、レモンクォーツは硫黄を内包しているので、成分の違う異なる石である。
太陽を象徴する石。気持ちを明るくして、活力を与えるという。対人関係で積極的になれ、明るく振舞うことが出来るようになる。財運の石とも言われるため「西側の窓辺に置くと良い」という俗説があるが、紫外線に弱い石なのでお薦めできない。シトリントパーズと呼ばれたりするが、水晶の仲間であり、トパーズとは異なる石なので注意。
浄化方法・取り扱い上の注意 紫外線で退色するので注意。流水と月光浴、またはお香で浄化をする。

天然石についてシンセティックオパール 「希望」を象徴し、幸運を招くと伝承されます。

天然石についてスキャポライト 柱石 / Scapolite 無意識に選択したことが、正しい結果に導いてくれると、伝えられている。 成功運
別名 スカポライト、ワーネライト、ヴェルネライト、柱石
化学組成 Na4(AlSi3O8)3Ci,nCa4(Al2Si2O8)3(SO4,CO)複合ナトリウム、カルシウム、アルミニウムの珪酸塩
モース硬度 5.5〜6.5
主な産地 ミャンマー、ブラジル、マダガスカル、タスマニア、カナダ、ケニア
石の特徴・意味など 棒状の結晶で産出されるため、ギリシャ語で「棒」の名を与えられた石。無色透明、黄色、茶、紫、橙、ピンク、グレーなどカラーバリエーションが多い。カボションカットやスフィア(丸玉)に研磨すると、見事なキャッツアイ効果が出る。
無意識下に働きかけ、自立心を促すという。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と月光浴が適する。水晶クラスターやお香での浄化もお薦め。

天然石についてスギライト
別名 杉石・スジライト
化学組成 KNa2(Fe,Mn,Al)2Li3Si12O32
モース硬度 5.5〜6
主な産地 南アフリカ
石の特徴・意味など 日本人の名前が石の命名由来となった唯一のパワーストーン。日本も原産地の一つだが、日本産は淡黄緑色であり、今日評価されているのは、南アフリカの紫色のスギライトである。発見から30年以上の歳月を経て、1975年に申請・命名された。発見者の杉健一教授の名前が、命名の由来となっている。
全ての面でリフレッシュしたい人に、変化と新しい生活リズムを与えるとされる。また、長年の心の古傷を癒すと言われている。

天然石についてストロベリークオーツ 人を愛する気持ちを高め、愛を呼び込む力を高める。
別名 苺水晶
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・中国・ロシア・アメリカ
石の特徴・意味など ヘマタイトやゲーサイト、レピドクロサイト等、鉄鉱鉱物が内包されたことにより綺麗なストロベリー色をしている可愛い石。その色合いから女性に人気がある。しばしば混同されがちなチェリークォーツは、ガラス製の人工石である。
積極性を後押しし、持ち主の魅力を最大限に引き出してくれるパワーの強い石。異性へのアピール力が欲しい人に向いている。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と日光浴の浄化に適する。

天然石についてスノーフレーク 「陰陽の鏡」と言われ、あなたの心に眠る潜在意識を引き出すとされます。

天然石についてスピネル 石言葉は「内面の充実」「安全」。強いエネルギーと活力を持ち、決断したことを実現できるよう応援してくれます。

天然石についてスモーキークォーツ 煙水晶 / Smoky Quartz 安らぎや希望をもたらし、また、潜在意識や潜在能力を開花させ、発想力を高めてくれると、伝えられている。 癒し 才能の開花
別名 煙水晶・カンゴーム
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・中国・ロシア・アメリカ
石の特徴・意味など 内包されたリチウムが、自然界の放射線にさらされ色がついたもの。薄い色をカンゴーム、不透明になるほど濃くなったものを黒水晶(モリオン)と、区別することもある。なお、今日市場に出回っているのは、ほぼ人工放射線処理を施されているが、パワーには問題ないとする説が多い。
黒い石は総じて魔除けの効果があるといわれている。悪霊を祓い、恐怖・不安・焦燥感から精神を解放するという。潜在能力を引き出し、力強さと忍耐力を養う。
浄化方法・取り扱い上の注意 強い太陽光で退色するので、浄化は流水とお香、月光浴で。特に月光での浄化に効果がある。

天然石についてセラフィナイト(クリノクロア) 斜緑泥石 / Clinochlore 交友関係を広くし、仕事においても多大な成果をもたらすと、伝えられている。 仕事運  対人関係
別名 クリノクロア・斜緑泥石
化学組成 (Mg.Fe2+)5Al(Si3Al)O10(OH)8
モース硬度 2〜2.5
主な産地 ロシア・イタリア
石の特徴・意味など クローライトグループの石で、独特のグリーンに白い筋状の模様が入ったものがセラフィナイトと呼ばれている。あたかも天使が翼を広げたかのような、美しい色のコントラストから、熾天使セラフィムにちなんでこの名がつけられた。強力なヒーリングストーンとして、欧米ではすでに人気のある石である。
コミュニケーションが上手くいかない時、或いはもっと深めたい時に、後押ししてくれる。持ち主の心を解放し、身構えたり気後れしてしまうのを和らげる。また、ネガティブな感情やそれを持つ人から遠ざけてくれるお守りにもなる。
浄化方法・取り扱い上の注意 月光浴かお香での浄化が適する。クラスターに置く場合も、ポイントで傷がつかないように注意すること。やわらかい石なので、他の石と一緒にはしない方が良い。

天然石についてゾイサイト ゆうれん石 / Zoisite 判断力を正しい方向に導き、勇気を与えてくれ、積極的な行動をとるよう促すと、伝えられている。 仕事運

天然石についてソーダライト 方ソーダ石 / Sodalite 勇気と判断力を与えてくれ、豊かな想像性を触発する知性の石と、伝えられている。 才能の開花
別名 方ソーダ石・方曹達石
化学組成 Na8Al6Si6O24Cl2
モース硬度 5.5〜6
主な産地 カナダ・ブラジル・ナミビア・インド
石の特徴・意味など ラピスラズリのブルーを構成する重要物質で、塊状で発見される。パイライトを殆ど含まない点と、比重がラピスよりも軽い点で両者を区別している。
心身をコントロールしやすくする働きがある。恐怖心や罪悪感・邪念を祓うパワーが強く、厄除けになる。合理性をもたらし、問題を解決に導く。試験や面接などの緊張感が高まるときには、それをリラックスさせる効果がある。トラウマがある人には、精神的な不安を和らげる。若々しい好奇心や探究心をもたらしてくれるため、受験生や研究者にも人気の石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と日光浴での浄化に適する。

天然石についてターコイズ / Turquoise 旅先でのトラブルを回避し、仕事においては、多大な成果をもたらすと、伝えられている。 仕事運 成功運
別名 トルコ石
化学組成 Cu2+Al6(PO4)4(OH)8・4H2O
モース硬度 5〜6
主な産地 アメリカ・中国
石の特徴・意味など 不透明のミルキーブルーが代表的な色だが、鉄と銅の含有量によって、スカイブルーからモスグリーンまで、様々なカラーバリエーションがある。採掘された宝石類の中でも世界最古と言われている。石によっては大変褪色しやすい。古くから旅のお守りとして、商人などに珍重されてきた。
邪悪なものや危険から持つ人の身を守る、旅の守護石。
十二月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と月光浴での浄化が適する。硬度が低めで欠けやすいので、他の石と一緒に持ち歩くのは避けた方が良い。

天然石についてダイオプサイド /Diopside
別名 透輝石 緑色はクロム・ダイプサイド、黒色でスターが出るものはブラックスター
化学組成 CaMgSi2O6
モース硬度 5.5
主な産地 インド・ミャンマー・ロシア・アメリカ
石の特徴・意味など 無色透明から、ボトルグリーン・褐緑色・濃緑色・黒色とカラーバリエーションがある。力強く輝く緑色のダイオプサイドは、特にクロム・ダイオプサイドと呼ばれ、宝石となる。20世紀に入ってから、黒くスターが出る石がインドで発見され、ブラックスターの名で親しまれている。
動揺や混乱を沈め、理性を保つ働きがあるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水・太陽光での浄化が適する。アクセサリーになっているものはクラスターかお香で浄化を。柔らかいので衝撃に注意。

天然石についてタイガーアイ 虎目石 / Tiger's Eye 洞察力、集中力を高め、富と財産を増やすと、伝えられている。 金運
別名 虎目石 赤はレッドタイガーアイ 青はブルータイガーアイまたはホークアイ、ファルコンアイ
化学組成 NaFe(SiO3)2+混合物
モース硬度 7
主な産地 南アフリカ・ブラジル・スリランカ・インド
石の特徴・意味など 石英グループの石で、磨くと虎の瞳のような模様が現われる。通常タイガーアイと呼ばれているのは、内包された酸化鉄が濃茶色と黄色の帯状模様になっているもの。ブルータイガーアイは、クロシドライトが石英に変化し、青くなった。また、レッドタイガーアイは全てタイガーアイを処理したもので、自然界に赤いタイガーアイは存在しない。
洞察力・決断力を養う。邪悪な力を跳ね返し、成功へと導くと言われている。仕事運・金運・ギャンブル運が着くとして絶大な人気がある。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。

天然石についてダルメシアンジャスパー 碧玉 / Jasper 戒めの石として、自分を見つめ直し、目標の達成に力を貸してくれると、伝えられている。 成功運

天然石についてタンザナイト 「高貴」「誠実」を象徴し、深い思考で物事を考えられるよう力を授けます。
別名 ゆう簾石・ルビーインゾイサイト
化学組成 Ca2Al3(SiO4)3(OH)+Al2O3
モース硬度 6〜7
主な産地 タンザニア・オーストラリア・北アメリカ
石の特徴・意味など ゾイサイト(ゆう簾石・青いものはタンザナイト)とルビーが共生している石。普通、ルビーは結晶で発掘されるので、ゾイサイトと言わば【融合】したものはコレクターズストーンである。
ルビー部分は深い愛情を引き寄せ、ゾイサイト部分は精神を穏やかにしてくれる。愛情・恋愛関係を改善したい時には、冷静さと愛情の確認を後押ししてくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 水にも太陽光にもやや弱い。月光とお香での浄化を。

天然石について淡水パール(淡水真珠) 真珠 / Pearl 悪霊から身を守って邪気を払い、想像力を高めると、伝えられている。 お守り

天然石についてチャロアイト チャロ石 / Charoite 思いやりの心でお互いに気持ちを高めあいながら真実の愛を育てると伝えられている。 恋愛運
別名 チャロ石
化学組成 K(Ca,Na)2Si4O10(OH,F)・H2O
モース硬度 5
主な産地 ロシア
石の特徴・意味など 彫刻用石材として使用されてきたが、1978年に新鉱物として認定された。よって、パワーストーンとしては新しい石。塊状で採掘され、色はいずれも紫(濃淡はある)と黒の不透明。
精神と感情のバランスを保ち、高め、発展するよう導く。何か新しいことを始めるとき、気分を一新したいときに最適の石。抑圧された感情を解放し、子供のように楽天的で、素直な心を取り戻させてくれるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香または月光浴での浄化に適する。

天然石についてデザート・ローズ / Desert Rose
別名 砂漠の薔薇・サンドローズ
化学組成 CaSO4・2H2OまたはBaSO4
モース硬度 2
主な産地 メキシコ・サハラ砂漠ほか
石の特徴・意味など 石膏から出来ているものと、重晶石から出来ているものとに分けられる。石膏からできているものは、セレナイト(透石コウ)の変種。
砂漠中のミネラル分を含んだ湖や沼の水中から結晶化したもの。そのため、かつてオアシスだった場所から発見されるが、何故「薔薇の形」に結晶化するのかは、科学的に解明されていない。本来は透明な鉱物だが、表面には砂漠の砂粒が付着しているため、茶色く変色しザラザラしている。
悪縁や悪習を断ち切り、本来の目的に向かっていけるよう導いてくれる「願望成就」の石といわれている。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香またはクラスターでの浄化を推奨。流水は厳禁(湿気に弱いため水で崩壊する)。大変にもろいので、取り扱いには充分な注意を要する。

天然石についてチェリークオーツ

天然石についてデュモルティエライト デュモルチ石 / Dumortierite 不安や悲しみなどに左右されず、困難に立ち向かう勇気をもたらし、劣勢だった形勢を一気に挽回すると、伝えられている。 成功運   勝負運

天眼石天眼石(眼球メノウ) 縞瑪瑙 / Eye Agate 魔除けとして災厄から守ってくれるとともに、強運・財運を招くと、伝えられている。 金運  お守り

天然石についてトパーズ 黄玉 / Topaz 自信を高め、夢を実現させるよう導き、富と繁栄をもたらすと、伝えられている。幸運 金運
別名 黄玉
化学組成 Al2SiO4(F,OH)2
モース硬度 8
主な産地 ブラジル・アフリカ・日本
石の特徴・意味など 古来より宝飾用として使用されてきた石で、無色・イエロー・ブルー・ゴールド・ピンク・グリーンとカラーバリエーションがある。宝石の中で唯一「皇帝」の名を冠された「インペリアルトパーズ」という名誉ある石が、このトパーズの仲間である。その色はシェリー酒の深い色合いとも、貴腐ワインの高級カラーとも評される。天然色では、このカラーとピンクトパーズが最も価値が高い。
あらゆるものに光を当てて、幸運へと導く。また、高ぶった感情を抑え、緊張やストレスを和らげる。この石をこすると魔除けの効果があると言われている。シトリンと混同されやすいが異なる石なので注意。
十一月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と月香浴での浄化を。太陽光は厳禁。衝撃に注意。

天然石についてトルマリン 電気石 / Tourmaline 魅力を高め、人間関係を円滑にさせると、伝えられている。 健康運  対人関係
別名 電気石 色別に黒・ショール 赤・ルベライト 青・インディゴライト 褐色・ドラバイト 無色・アクロアイト 紫・シベライト 二色・ウォーターメロンあるいはバイカラー
化学組成 XY9B3Si6O27(X=Ca,Na,K,Mn Y=Mg,Fe,Al,Cr,Mn,Ti,Li)
モース硬度 7〜7.5
主な産地 アメリカ・マダガスカル・ブラジル・ロシア
石の特徴・意味など あらゆる鉱物の中でも、最もカラーバリエーションが豊富な石。レッド・ピンク・ブルー・イエロー・グリーン・パープル・クリア・ブラック・ブラウン・バイカラーと、それぞれの色で独立した名を持つ。加熱すると静電気が発生し周囲の塵を集めることから、電気石と言う名がついている。
疲弊した精神を労わり、活性化させ、集中力・感受性・理解力を高めるという。
色別に様々な意味を持つ。
●グリーン
 ヒーリング効果に優れる。寂しさや憂鬱を癒してくれる。
●ピンク・赤(ルベライト)
 持ち主の個性や魅力を引き出し、周囲にも愛情を与える。
●無色(アクロアイト)
 心身のコンディションを整える。他の石の力を感じ取りやすくなる。
●イエロー
 知的好奇心を旺盛にし、心を豊かにし、他人とのコミュニケーションを円滑にする。
●ブラック(ショール)
 強力な魔除けの効果あり。考えがまとまらない時に、新しい発想を促す。
●褐色(ドラバイト)
 目的意識を持たせ、物事に対する冷静さ、多角的に見る感覚を養う。
●ブルー(インディゴライト)
 責任感を強め、正義感・慈悲心を育てる。また、自分の本心を見つめ直す機会を与える。
●パープル(シベライト)
 物事に煮詰まった時に、それを打開する直感力・閃きを与える。
●ウォーターメロン
 緊張を和らげ、心身に安定をもたらす。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。衝撃に弱いので、優しく扱う。

トルマリンクオーツトルマリンクォーツ トルマリン入り水晶 / Quartz with Inclusions 魅力を高め、人間関係を円滑にさせると、伝えられている。 健康運  対人関係

ネフライトネフライト / Nephrite
別名 翡翠・中国翡翠・軟玉
化学組成 Ca2(Mg,Fe2+)5SiO22(OH)2
モース硬度 5
主な産地 中国・ロシア・オーストラリア・アメリカ・カナダ
石の特徴・意味など 長い間ジェダイドとネフライトは同一と思われてきたが、1863年に別の石であることが判明した。ネフライトは2000年以上前から、中国で宝飾品、武器、彫刻品などの石材として流通してきた。産出地域によって色の濃淡や黒いインクルージョンがあり、それぞれ別名が多い。
魔除けの身代わり石。心が弱くなっている時に持つと、前向きになれるという。新しい出会いの際にも持って行くと、印象を良くする。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光の浄化に適する。

ハーキマーダイヤモンド ハーキマーダイヤモンド / Herkimer Diamond
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 アメリカ(ニューヨーク州のハーキマー地方)
石の特徴・意味など 水晶の仲間だが、全く研磨しない状態で、ダイヤモンドのように素晴らしい輝きを放つことから、この名前が付いた。常態は柱の短いダブルポイントの状態で発掘される。水入りも発見される。
ダブルポイントは、元々コミュニケーションとヒーリングに優れた形状であるが、ハーキマーダイアモンドは、コミュニケーション(主に二つの異なった意識を、通じさせる)に更に強く、素早く効果が現れる石といわれている。また、ドリームクリスタルとも呼ばれ、夢に啓示を与えてくれる効果の高い石。眠る前に、額にこの石をあてて、問題や悩みを意識しつつ眠ると、夢で具体的なビジョンを受けることが多い。
毎日、この石と過ごすことで(持ち歩く・身に付けるなど)、自分に自信が生まれ、精神的な弱さを克服できる。また、トラウマなど過去の傷・苦しみから、精神が解放され浄化される。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と日光浴での浄化に適する。アクセサリーになっている品は、金属が傷みやすいのでクラスターやお香で。

パープライトパープライト / Purpurite
別名 紫鉱
化学組成 Mn3+PO4
モース硬度 4〜4.5
主な産地 ナミビア
石の特徴・意味など 結晶で産出されることはほとんどなく、大抵は塊状である。褪色しやすい石なので、扱いには注意を要する。
合理性や勇気をもたらすと言われている。ストレス解消や瞑想にも良い。
浄化方法・取り扱い上の注意 月光浴やお香での浄化に適する。

天然石についてパール(真珠) / Pearl 悪霊から身を守って邪気を払い、想像力を高めると、伝えられている。 お守り

天然石についてハイパーシーン 紫蘇輝石 「誠実」「信頼」を象徴。責任感を育てることから、リーダー的な立場の方におすすめです。
別名 紫蘇輝石・ハイパーシン・エンスタタイト
化学組成 (Fe2+,Mg)2Si2O6
モース硬度 5〜6
主な産地 インド、ノルウェー、グリーンランド、ドイツ、アメリカ
石の特徴・意味など ダイヤモンド同様ペグマタイト中に産出し、キンバレー岩で採掘されることが多い。濃い茶褐色〜ほぼ黒色だが、光が見える部分はやや赤みがかかっている。
パイロキシン(輝石)族の一つで、鉄が多く含まれている物がハイパーシーンである。鉄の含有率が10〜30パーセントだとブロンザイトに、マグネシウムが多いとエンスタタイトになる。鉄が最も多く含まれるとフェロシライトになるが、ハイパーシーンはエンスタタイトとフェロシライトの中間である。美しいスターやキャッツは、内包されているゲーサイトやヘマタイトによるもの。
冷静さや忍耐強さを促し、物事をスムーズに進めてくれるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 月光浴やお香での浄化に適するが、ごく短い時間での太陽光でも。

天然石についてパイライト / pyrite 黄金色に輝くことから金銭が入ると伝えられている。 金運
別名 黄鉄鉱
化学組成 FeS2
モース硬度 6
主な産地 スペイン・メキシコ・ペルー・イタリア・フランス
石の特徴・意味など 古くから宝石として利用された石。六面体あるいは、パイライトヘドラと呼ばれる五角十二面体、八面体での結晶が見られる。水晶・エメラルド・ダイヤモンド・インカローズなどにも、インクルージョンとして見られる。ラピスラズリの美しい金色の模様は、パイライトによるものである。
火山活動によって生まれるこの石は、上昇しようというパワーに満ち溢れている。大地からのエネルギーを、まっすぐ頭上にまで導く力があり、安定したヒーリング効果がある。徹夜作業などのハードワークの時に持っていると良い。
また、邪悪な念を弾き返す力があるため、何故かトラブルを背負い込み、困った状況に陥ってしまう人は、小石より少し大きめの石をお守り代わりに持つと、トラブルの元に近付かなくなる。自らの信念も強くしてくれるため、周囲に振り回されてしまう人にも、お薦め。
浄化方法・取り扱い上の注意 元々、変色・色落ちしやすい性質を持っている。水に弱い石なので流水での浄化は避け、日光浴とお香での浄化を。

ハウライトトルコハウライトトルコ / Howlite 災いから身を守り、幸せを招くと伝えられている。 幸運  お守り
別名 ハウ石、ハウライト
化学組成 Ca2B5Sio9(OH)5
モース硬度 3.5
主な産地 アメリカ
石の特徴・意味など 塊や団球状で見つかり、多くは不透明な白色をしている。マットなホワイトカラーだが、多くは黒や褐色の脈が入っている。内包物によっては、半透明で淡くきらきらと光る場合もある。染色してトルコ石のイミテーションにされることも多い(ハウライトトルコ)。
純粋、無垢、高貴を示し、心身の浄化を促す。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香でいぶす。もろく傷がつきやすいので、扱いには注意。他の石と一緒にはしないこと。

バリサイトバリサイト / Variscite
別名 ヴァリサイト、バリッシャー石、ネバダターコイズ
化学組成 Al(PO4)・2H2O
モース硬度 3.5
主な産地 アメリカ、オーストラリア、ドイツ
石の特徴・意味など 塊状で発見されることが多い、グリーンの石。ターコイズの代用品として使用された時代もあった。
希望や望みが叶うように導いたり、努力が実る後押しをしてくれるという。極度の緊張をほぐすとも言われている。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香か月光浴が適する。もろく傷がつきやすいので、扱いには注意。他の石と一緒にはしないこと。

ピーターサイトピーターサイト / Pietersite
別名 テンペストストーン
化学組成 NaFe(SiO3)2+混合物
モース硬度 7
主な産地 ナミビア・中国
石の特徴・意味など 1962年に発見された新しい鉱物。発見者のシド・ピーターからこの名がつけられた。石英グループの鉱物であり、地殻変動などでタイガーアイが粉砕され、石英によって再び結晶化したものだと考えられている。ブルーのものが良質。
迷いや混乱の原因を解放し、考えを整理する。自分の目標に近づける。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。

ピクチャジャスパーピクチャージャスパー 碧玉 / Picture Jasper 強い意志で自らを保ち、周囲に対しては公平で客観的な判断力を有し、仕事のツキを呼ぶと伝えられている。 仕事運  勝負運

ピンクコーラルピンクコーラル(珊瑚) コーラル / Coral 女性にとってのお守りであり、不安を取り除き愛情豊かになると、伝えられている。 恋愛運  癒し お守り

プラシオライトプラシオライト 緑水晶 / Prasiolite 物事に変化を与える石として過去の不幸を退け、新たな生活や恋愛を良い方向に導くと伝えられている。 恋愛運  成功運

ブラックスターブラックスター 黒色のダイオプサイトの中で、十字の光が浮かぶもののことを、ブラックスターと呼びます。

天然石についてブラッドストーン 血石 / Bloodstone 精神力を高め、アクシデントにも負けないバイタリティーを備えると伝えられている。 仕事運
別名 血石・ヘリオトロープ
化学組成 SiO2+内包物
モース硬度 6.5〜7
主な産地 ブラジル・インド
石の特徴・意味など ジャスパーの一種で、主に赤と緑の色が混ざったものをブラッドストーンと呼ぶ(赤色は酸化鉄)。十字架にかけられたイエスが流した血が碧玉に降り注ぎできたという逸話もある。
困難を打破し、前進する勇気を与えてくれる。また、献身の精神を呼び起こして、周囲との絆を深めるよう働きかけてくれるという。三月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。

天然石についてブルーカルセドニー 人と人との繋がりを良好にしてくれると言われています。

天然石についてブルーメノウ 青瑪瑙 / Blue Agate 様々なパワーを持つ石とされ、知性・幸運をもたらすと伝えられている。 幸運  健康運

天然石についてブルーレースメノウ 青玉髄 / Blue Lace Agate 古代よりチベットでは「神の石」として崇められ、また危険を回避して、富や幸運をもたらすと伝えられている。 幸運  金運 健康運
別名 ブルーレースアゲート・青縞瑪瑙
化学組成 SiO2
モース硬度 6.5〜7
主な産地 南アフリカ共和国
石の特徴・意味など 名前の通りアゲートの仲間。美しく優しい爽やかなブルーと縞模様が、単純にめのうの仲間と呼ばせず、独自のカテゴリとして不動の地位を誇る。
心の混乱を静め、交友関係を豊かにする。人間関係の緊張を和らげる効果に優れた石。友情のお守りに、また、苦手な人と協調しなければならない時などに。持ち主の印象を好くし、他人からの攻撃を受けにくくなる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。ただし、あまり長時間日に当てないこと。

フロスティクオーツフロスティクォーツ 水晶 / Frosty Quartz 不安を取り除き、集中力を高めると伝えられている。 健康運 安産

天然石についてフローライト 蛍石 / Fluorite 寛大さを引き出し、人間関係などをスムースなものにすると伝えられている。 対人関係
別名 蛍石・フロースパー
化学組成 CaF2
モース硬度 4
主な産地 中央ヨーロッパ・中国・イギリス
石の特徴・意味など 古代エジプトの時代には、既に彫刻の石材として流通していた。クリアで色のバリエーションも多いため人気があるが、柔らかく傷がつきやすい上に、劈開が完全なため僅かな衝撃でもろく割れやすいので注意を要する。一つの結晶に二色以上のカラーが見られることもよくあり、表情豊かな個性がファンを魅了する。
ブラックライトに反応して輝くことから、実験などに使う専門家も居る。
精神力を高め、集中力を高める。また、ストレスを軽減する。どの色も、落ち込んだ人に灯りを与え、心の闇から脱するヒントを示す。
●グリーン
 人間的成長を高め、感情の乱れを防ぐ。人々に調和を与える。
●パープル
 精神性を高める。浄化能力があり、直観力も与えられる。
●イエロー
 判断力と行動力が高まる。独自の考え方が身につく。
●ブルー
 精神統一に最適。落ち着きをもたらし、心に静けさを取り戻させる。
●ホワイト・クリア
 平和で明るい感情をもたらす。心身のバランスをとってくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、月光またはお香での浄化が適する。太陽光は退色させるので避ける(夏場の窓辺などに長期間放置すると、見事に色が抜けます。注意してください!)。比較的柔らかい石なので、他の石とは一緒にしないほうが良い。

天然石についてプレナイト ブドウ石 / Prehnite 多くの情報から大事なものを見つける力を育み、また商売繁盛に導くと伝えられている。 仕事運
別名 ぶどう石
化学組成 Ca2Al2Si3O10(OH)2
モース硬度 6
主な産地 スコットランド・オーストラリア・フランス
石の特徴・意味など 通常、樽型結晶の集合体もしくは葡萄状の塊として産出される。主となる独特のグリーンはまさにマスカットのよう(黄褐色など他のカラーもある)。
心をクリアにし、正確な判断を導く真実を見抜く石。また、根気や信念を強化すると言われている。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水・太陽光での浄化が適する。欠けやすいので取り扱いには注意。

天然石についてブロンザイト 古銅輝石 / Bronzite 内面的成長を促し、無気力をやる気に変え、周囲からの信頼を得ることにより、望んでいたものが手に入ると伝えられています。 成功運  対人関係

天然石についてヘマタイト(*人工石) 赤鉄鋼 / Hematite 危険から守ってくれる「身代わり石」と呼ばれ、またストレスを解消させると伝えられています。 健康運  お守り
別名 赤鉄鉱
化学組成 α-Fe2O3
モース硬度 5〜6.5
主な産地 南北アメリカ大陸・イギリス・ドイツ
石の特徴・意味など 不透明な鈍い銀色で金属光沢を持つが、傷をつけると血のような赤色を表する。通常は塊状の産出だが、花びらのような形で結晶が並ぶと「アイアンローズ」と呼ばれることもある。結晶によっては綺麗な遊色を持つものもある。
戦う人には勝利をもたらし、身代わりとなってくれる。感情の起伏が激しい人が持つと、心が安定する。また、強力な魔除け効果もあるため、邪悪なものに悩まされている人は、部屋の入り口や寝室の枕元、気になる場所に置くと良いとされる。
浄化方法・取り扱い上の注意 硬度が低いので、他の石とは一緒にしない方が良い。軽い流水と太陽光で浄化。

天然石についてヘミモルファイト 古来より魔除けの石として用いられてきました。邪悪なものから身を守ると伝承されます。

天然石についてペリドット / Peridot 災いから身を守り、明るさと行動力をもたらすと伝えられています。 癒し お守り
別名 橄欖(かんらん)石、オリビン
化学組成(Mg,Fe)2SiO4
モース硬度 6.5〜7
主な産地 ブラジル、スリランカ、ミャンマー、パキスタン、セントジョン島(エジプト)、アメリカ
石の特徴・意味など 代表的なペリドットはオリーブグリーンであるが、その独特のカラーは内包された鉄やニッケルによるものである。
含有率によっては、黄緑色、帯褐緑色にもなる。
3500年ほど前にエジプト(現在はアメリカ領)のセント・ジョン島で発見され、エジプトの国石でもある。
太陽の石と呼ばれ、多くの王に愛されまた護符として親しまれてきた。
塊状か砂粒状で採掘されることが多いが、斜方晶系の偏平結晶体で見つかることもある。
ネガティブな考えを取り除き、ポジティブなエネルギーを与えてくれるという。暗い感情や過去の恨み、嫉妬などから離れられない人が持つとよいと言われている。八月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。

天然石についてベリル 緑柱石 高いヒーリング効果があると言われています。

天然石についてホークアイ / Hawks eye ファルコンアイとも呼ばれ、洞察力や決断力を高め、仕事や資産運用を成功に導くと伝えられています。 金運 仕事運 勝負運
別名 鷹目石・ファルコンアイ・ブルータイガーアイ
化学組成 SiO2+クロシドライト
モース硬度7
主な産地 南アフリカ・ブラジル・スリランカ・インド
石の特徴・意味など タイガーアイとよく一緒に産出される。クロシドライト(青石綿)が石英に浸透し、キャッツアイ効果が出たもの。
名前の如く、鷹のように広い視点から物事を見る・自分の置かれた状況を客観的に見ることが出来るようになる。他者の真意を見抜くのに必要な洞察力をもたらす。現状打破への力を与えてくれる。学習時に効果があると言われている。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。

ホワイトハウライトホワイトハウライト ハウ石 / Howlite 不安を取り除き、強い意思を持つと伝えられています。 健康運

天然石についてボルダーオパール 蛋白石 / Boulder Opal 母岩と共にカットされたオパール。恋愛成就のための積極的な行動を後押ししてくれると伝えられています。  恋愛運

ホワイトメノウホワイトメノウ 瑪瑙 / White Agate 人の嫉妬や邪気をはねのけ、また対人関係によって起こる失敗や不幸を防ぎ、良い方向に導くと伝えられています。 対人関係 お守り

マザーオブパールマザー・オブ・パール 白蝶貝 / White Mother of Pearl Shell 母なる慈愛を宿すといわれ、傷ついた心を癒し、また内面の美しさに恵まれ、誰に対しても優しさをもたらすと伝えられています。 癒し 安産
別名 真珠母貝
化学組成 CaCO3有機物+水分CaAl4Si2O10(OH)2
モース硬度 2.5〜4.5
主な産地 日本、オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ
石の特徴・意味など 真珠を作る真珠母貝であり、アコヤ貝や白蝶貝・黒蝶貝、大型のアワビ類(アバロン貝等)も、研磨されてこの名で流通している場合がある。いずれも見事なイリッデンスを持つ。多くはビーズやアクセサリーに加工され、市場に出る。
真珠を抱き育てることから、母性を司る。不安や怒りを抑え、傷ついた心を癒す母なる石。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と、月光浴またはお香での浄化。衝撃に弱いので取り扱いには注意。

天然石についてマラカイト 孔雀石 / Malachite 読心力・持続力を高め、更にストレスを和らげると伝えられています。 癒し
別名 孔雀石
化学組成 Cu2+2(CO3)(OH)2
モース硬度 3.5〜4
主な産地 コンゴ・ザイール
石の特徴・意味など 通常、不透明な緑色の塊で産出する。独特のグリーンは銅の成分に由来するもの。縞模様の濃淡が活かされる様に研磨、彫刻されることが旨。
粉末にしてアイシャドウにされた歴史は有名(石の神秘性を求めたか否かは定かでなく、虫除けの役割だった説も)。
魔よけの石。内外因性のストレスを緩和させ心地よい眠りに誘う。縞模様がはっきりしたものは「眼」となってストレス・邪悪なものを跳ね返してくれる。ヒーリングに優れた力を発揮する石。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と太陽光での浄化が適する。比較的柔らかい石なので、水晶等とは一緒にしないほうが良い。

天然石についてミルキーアクアマリン 緑柱石 / Milky Aquamarine 恋人達の愛を復活させ、より深い愛情に恵まれる石として、また、穏やかで平和な気持ちに導くと伝えられています。 恋愛運

天然石についてムーアカイト / Mookite
別名 ムーカイト・モッカナイト・碧玉
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 オーストラリア・北アメリカ
石の特徴・意味など レッドジャスパーに似ているが異なる石。同じ石英種だが、約1億年前の中生代、白亜紀の緻密な珪酸質の堆積岩であるチャートを主成分とする。白色〜黄色、赤色〜紫色系統の色もある。名称の由来は産地から(西オーストラリア州のムーカ集落地区から主に産出)。
北米のネイティブアメリカンやオーストラリアのアボリジニが、水脈を探すのに用いたという伝説がある。現在は北米は枯渇し、オーストラリア産が多い。現地では「雨を呼ぶ石」「大地の石」と呼ばれている。
自尊心を救け、決断の後押しをしてくれる石。何らかの意思決定の時、感情ではなく持ち主の冷静さ・思慮分別を導き、正しい選択に向わせてくれる。
また、意思伝達の難しい子供や、動物などとの愛情の橋渡しもしてくれる、自然に根ざした豊かな石である。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光の浄化が可能。

天然石についてムーンストーン 月長石 / Moon Stone 感受性を豊かにし、直感力を高める石として、また恋人たちの石と呼ばれ、希望と愛を育み幸福になれると伝えられています。 恋愛運
別名 月長石・オーソクレース
化学組成 KAISi3O8
モース硬度 6
主な産地 ミャンマー・スリランカ・インド・マダガスカル
石の特徴・意味など オーソクレースという鉱物グループの一種。通常オーソクレースは透明だが、アルバイトという鉱物と互層になると、美しい遊色が表われムーンストーンとなる。アルバイトの層が薄いとブルーが濃くなり、層が厚いとホワイトが強くなる。ブルーのシラー(遊色)が強いものが比較的高い評価を得やすいが、オレンジ色や赤色のシラーが出るものもある。また、シラーは出ないが、石全体がオレンジやグレー、ブラックの色を持つ物もある。遊色効果のあまり期待できない石の裏面に青い紙を貼り、ブルームーンストーンと見せかけているものも出回っているので、購入時には注意が必要。
恋人との絆を強め、情緒的なバランスを保ち、感性を豊かにするという。旅の安全を導く石でもある。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。欠けやすいので注意が必要。

メテオライト / Meteolite
別名 隕石
化学組成(発見地その他の条件によって異なる)
モース硬度(発見地その他の条件によって異なる)
主な産地 世界各地
石の特徴・意味など 古くから天空より飛来した物体として認識されてきた鉱物。語源は、ギリシャ語で「空中の物体」という意味のメテオラから。世界各地で発見されおり、 鉄質隕石、石質隕石、石鉄質隕石、ガラス質隕石等、約50種類程が確認されている。
隕石は発見地・産地の名前が付けられる場合が多く、違う名前だが化学組成は同一のものもある。
▼メテオライトのなかま▼
●ギベオン(Gibeon)
モース硬度9 主な産地:南アフリカ
南アフリカ・ナミビア共和国ギベオンで発見された隕石(隕鉄)。主成分の約90パーセントがニッケルで、その他はゲルマニウム、イリジウムなどである。
特有の網目状の模様があり、酸処理する際に現れる。これはウィドマンシュテッテン構造と呼ばれ、100万年に1℃という極めて遅い速度で冷却されることによって形成された物質に、酸処理を加えた結果初めて見られる模様である。故に現在の科学では人工的に合成することは不可能とされる。
神秘の力や神の力をかりて、自らの能力を高めることが出来るという。
●テクタイト(Tektite)
化学組成SiO2(+Al2O3) モース硬度5〜6 主な産地:タイ
隕石が落下した際に、衝撃派や熱で地上の物質が溶解し、それが冷えて固まって出来た天然硝子。半透明で黒く、ほとんど光を通さない。アジア圏では「火の真珠」と呼ばれ、古代より神聖視されてきた。
ニューエイジの間では、宇宙の英知や真理を受け取れるとされている。ブラックホールのような暗黒色から、魔を吸い取る魔除けのお守りにもなるという。
●モルダバイト(Moldavite)
化学組成SiO2(+Al2O3) モース硬度5〜6 主な産地:チェコ
隕石が落下した際に、衝撃派や熱で地上の物質が溶解し、それが冷えて固まって出来た天然硝子。発見地・チェコのモルダウ川からこの名が付けられた。
不幸を幸福に転じる開運の石であると言われている。また、ニューエイジの間では、宇宙の叡智を得、高度なメンタルエネルギーをもたらすと珍重されている。恋人への愛情の証しに贈られた歴史を持つ。孤独を癒し、夢で啓示を与えてくれるというドリームストーン。
  浄化方法・取り扱い上の注意 ジュエリーカットされているものは、お香やクラスターでの浄化が適する。流水は避けたほうが良い。
塊状のものは、月光浴が適する。大きさにもよるが、比較的他の鉱物よりも重いので、負荷がかかりやすいクラスター浄化は注意。

瑪瑙メノウ / Menou
別名 瑪瑙・アゲート
化学組成 SiO2
モース硬度 6.5〜7
主な産地 ブラジル
石の特徴・意味など 岩石の中に団塊の状態で産出される。特有の縞模様の構造を持つ(同じ分子構造のカルセドニーとの違いがここにある)。様々な内包物・不純物の構成により、色や模様が変化する。内包物の効果で素晴らしい風景を描くデンドリティックアゲートやランドスケープアゲートは、同じ模様が二つとないため人気が高い。
価値を高めるため、ナチュラルなものよりも美しく染色されたものが多く出回るが、染色した結果とても綺麗な層状の模様がはっきりと見られることも事実。
豊作・長寿・富・健康のお守り。対人関係に悩んだ時に持つと良いといわれている。特に縞模様が眼球のような形をしたものを「天眼瑪瑙(アイアゲート)」と呼び、持ち主の第三の眼となって邪悪なものから身を守ると言われる。一際赤い縞模様のない石をカーネリアンとも呼ぶ。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。水晶の結晶がついている場合は、衝撃を避けること。

天然石についてモスアゲート 苔瑪瑙 / Moss Agate 富と平和に満ちた、安定した状態に導くと伝えられています。 金運 癒し
別名 苔瑪瑙
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・日本・インド・アメリカ他
石の特徴・意味など メノウの中にクローライト(緑泥石)や酸化マンガン・鉄鉱石などが入り込み、苔のような模様になった石。緑色のものが多いが、内包している鉱物の種類によっては、赤や黄色、黒などの色になる。
コミュニケーションを円滑にし、仕事運を上げるといわれる。また、執着心や我が強すぎると感じたときに持つと良いとされる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光の浄化が可能。

天然石についてモルガナイト モルガン石 / Morganite 愛を育むとともに逆境にも立ち向かう力を養い、理想の相手へと引き合わせてくれると伝えられています。 幸運 恋愛運
別名 モルガン石・緑柱石・ローズベリル・ボロビエバイト
化学組成 Be3Al2Si6O18
モース硬度 7.5〜8
主な産地 ブラジル・ナミビア・マダガスカル・アメリカ
石の特徴・意味など エメラルド、アクアマリンと同様ベリル系鉱物で、ピンク色、淡い赤紫色のものを指す。名称は宝石収集家J・P・モルガンの名にちなんでつけられた。ブラジルのミナスジェラィス州産のものは高品質が多い。
愛情、恋愛に関係する石。押し付けがましい感情ではなく、謙虚で穏やかな気持ちを持たせてくれる。また、寂しい人や、依存心が強くて勇気の出せない時に持つと良い。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香でいぶすか、軽く流水したあと、月光浴での浄化が適する。日光は避けた方が良い。

天然石についてモルダバイト ガラス質隕石 / Moldavite 愛情の証として二人の絆を強め、永遠の愛をもたらすと伝えられています。 恋愛運

天然石についてユーディアライト / Eudialyte
別名 ユーディアル石
化学組成 Na15,Ca6(Fe,Mn)3,Zr3(Si,Nb)(Si25O33,OH,O2,H2O)3(Cl,OH)2
モース硬度 5〜5.5
主な産地 ロシア、カナダ、グリーンランド、アラスカ
石の特徴・意味など 19世紀初頭に、グリーンランドで発見された石。実に12もの主成分から構成され、また、酸に非常に弱いことから、ギリシャ語の「容易(eu)」「分解(dialytos)」からこの名が付けられた。主に寒冷地で産出され、大きな結晶は形成されにくい。
深い赤色が評価されるが、ピンク、灰青、黄色、茶色などの色がある。通常はアラゴナイト、ラブラドライト、カルサイトなど、他の鉱物と共生、或いは囲まれる形で発見される。
ロシア共和国ムルマンスク州のコラ半島が主な産地となっている。コラ半島の先住民の間では、勇敢な戦士が流した血がこの石になったと伝えられ、世の理や秩序、法則の理解の手助けになるとも言われている。 ローズクォーツ、ロードクロサイト、ピンクトルマリン、クンツァイト等、ピンク色の<愛情関係>の石と相性が良く、情熱的になりすぎる時はおおらかな気分にさせてくれる。ネガティブな感情を払拭させてくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水と月光、お香での浄化に適する。

天然石についてユナカイト / Unakite 心に受けた傷を癒し、安心感をもたらし、希望を運んでくれると伝えられています。 癒し
別名 エピドート・緑簾石
化学組成 Ca2(AlFe)3(OH)(SiO4)3
モース硬度 6.5〜7
主な産地 オーストリア・フランス・モザンビーク・メキシコ
石の特徴・意味など 石英、長石など複数の鉱物が混合した塊状で採掘されるが、主成分はエピドートである。結晶とは言いがたいので鉱物と呼びにくいが、パワーストーンとして人気のある石。緑、黄色、オレンジ色が混ざり合った色をしているが、はっきりした色のものが評価される。
トラウマを取り除き、傷ついた心を癒す。説得力と気品を与えてくれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化に適する。割れやすいので、他の石とは一緒にしないこと。

天然石についてライオライト / Rhyolite
別名 流紋岩・リョーライト
化学組成 SiO2+内包物
モース硬度 7
主な産地 アメリカ他
石の特徴・意味など バリサイトの良質の石を指す。 ジャスパーの仲間であり火山岩の一種で、マグマの冷え固まる過程において、様々に表情のある模様が形成される。「rhyax(溶岩の流れ)」と「lithos(石)」(ギリシャ語)が名称の由来。
心身を安定させる力、愛情を持続させ絆を強める力を持つと言われる。
浄化方法・取り扱い上の注意 お香と月光浴での浄化を。流水と強烈な太陽光で、色が変化する恐れがあるので注意。

天然石についてラブラドライト 曹灰長石 / Labradorite 悩みを解消し、勇気を与えてくれると伝えられています。 健康運
別名 曹灰長石・スペクトロライト
化学組成 (Ca,Na)(Si,Al)4O8
モース硬度 6〜6.5
主な産地 カナダ・マダガスカル・メキシコ
石の特徴・意味など 名前は発見地カナダのラブラドル半島に由来する。ブルーやグリーンの金属的な輝き・ラブラドレッセンスを持ち、独特の美しさがある。様々な色を有しているものが高く評価されるが、ブルーやピンクが濃いものも評価が上がっている。フィンランドで発見されたラブラドライトは特に強い輝きを放つため、スペクトロライトの名で市場に流通している。
感情を安定させ、行動が前向きになる。考えがまとまり、持久力が高まる。神経が研ぎ澄まされ、禊をした後のようなすっきりした気分になる人が多い。霊的な邪気祓いに効果を発揮する。また、芸術関係の仕事をしている人は、この遊色効果を眺めつつ瞑想すると、アイディアが閃くことが多々あると言われている。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化が適する。ただし、軽く行うこと。心配な場合は月光浴かお香。

天然石についてラピスラズリ 青金石 / Lapis Lazuli 危険から身を守り、幸運を招く石として、また不安を取り除き、成功に導くと伝えられています。 幸運 成功運
別名 瑠璃
化学組成 (Na,Ca)7-8(Al,Si)12(O,S)24[(SO4),Cl2,(OH)2]
モース硬度 5〜5.5
主な産地 アフガニスタン
石の特徴・意味など ソーダライト・パイライト・ホワイトカルサイト・リチウム・ダイオプサイドほか多数の鉱物から成り立っている石。専門家によっては「鉱物ではなく岩石だ」と主張する人もいる。深みのある青、カルサイトの白い筋、パイライトの黄金色の筋があるものが良質とされている。極楽浄土の宝にも数えられ、古くから人類に愛されてきた石。
パワーストーンとして不動の人気がある。不安・邪念を祓い、魔を退け、成功へと導く。持ち主に呼応してカラーが変化すると言われ、身につけているラピスが濃紺〜黒に近い藍色に変わり、それまでなかった金粉が認められるなどの美しい変化をしている時は、幸運期が到来している。逆に白っぽくなってきたら要注意。石が身代わりとなって持ち主を救おうとしている。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽い流水、若干の太陽光での浄化が適する。硬度が低いので、単独で持っていた方が良い。

ラピスバイライトラピスパイライト 黄鉄鉱 / pyrite パイライトを多く含んだラピスラズリ。成功と金銭を引き寄せると伝えられています。 金運 成功運

天然石についてラリマー 曹珪灰石 / Larimar 変化に強い石として、状況や環境が変わっても流されず、新しい局面でも良い結果をもたらすと伝えられています。 幸運
別名 曹灰針石、ブルーペクトライト
化学組成 NaCa2Si3O8(OH)
モース硬度 4.5〜5
主な産地 ドミニカ共和国(カナダ、ロシア等でも産出されるがブルーであることは少ない)
石の特徴・意味など 1974年に、ドミニカでノーマン・ライリングによって発見された。地元の宝石商が、娘の「Larisa」とスペイン語の「Mar(海)」を組み合わせ、宝石名にしたとされている。ミルキーブルー・スカイブルーの地に、やや濃いブルーやホワイトが入り、波間のような美しい模様を描くものが評価が高い。
高ぶる感情を抑え、冷静な判断を促す。また、環境が変わったり新しいチャレンジをしている人には、注意を促し思慮深くしてくれる。協調を生み出す石なので、あらゆる感情の均衡を保つ後押しをする。
浄化方法・取り扱い上の注意 軽く流水で清め、月光、お香、水晶クラスターでの浄化を。太陽光は退色するので注意。

天然石についてルチルクォーツ 針入り水晶 / Rutile Quartz 直感力を高め、勘を研ぎ澄ます石として、また金線が入っているので、「金銭入る」と伝えられています。 金運 勝負運
別名 針水晶・針入り水晶・セージニティッククォーツ・ルチレーテッドクォーツ
化学組成 SiO2+内包物(針の鉱物)の成分
モース硬度 7
主な産地 ブラジル
石の特徴・意味など 針状の二酸化チタン鉱物が内包された水晶。光の反射によりキャッツアイ効果やアステリズム効果が出る。
ルチルの色によって、若干持つ意味が違ってくる。
●金色ルチル
 金運アップ。勇気をもたらし、芸術・創造性も豊かにしてくれる。太い金の針がびっしり入っているものを特に「タイチンルチル」と称して珍重されている。
●紅金ルチル
 環境の変化など、周囲に流されやすい気弱な人に、勇気と活力をもたらす。
●白銀ルチル(ブルッカイト)
 家庭運アップ。心に優しさが芽生える。疲れた心に穏やかさを与え、思いやりの気持ちを思い出させてくれる。

以下、ルチルではありませんが、針状鉱物が内包された場合の意味と、主な内包鉱物名
●黒(ショールトルマリン等)
 ビジネス運・財運・勝負運アップ。忍耐力と勇気をもたらす。契約・試験などここぞという時に心強い味方。
●紅(ヘマタイト、ゲーサイト等鉄鉱系鉱物)
 子宝に恵まれたい人に。愛情運・夫婦仲の味方。二人でお揃いで持つと特に良い。
●緑(緑閃石、グリーントルマリン等)
 大事を成し遂げるときに持つと幸運を呼ぶ。発想力・企画力を高める。旅のお守りにもなる。
●藍(緑閃石、インディゴライト等)
 学習・創作活動の進展に有効。集中力をアップさせる。恋愛運に行き詰まりを感じている人にも。

以下、ルチルの含有形状による特別な呼称
●兎髪ルチル
 針が細くカーブしている。エンジェルヘア、ラビットヘアと呼ばれる。
 財運アップ。浪費癖のある人に有効。なかなかお金が貯まらない人に。孤独感を癒す効果も。パートナーを求めている人には出会いをもたらす。
●放射ルチル(スタールチル)
   多くはヘマタイトを中心に、針が放射状に伸びている。
 ルチルの中でも効果絶大。更なる財運を呼び込むといわれる。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光での浄化が適する。但し、色つき水晶中に針入りがある場合は、退色のおそれがあるので注意。

天然石についてルビー / Ruby 情熱や深い愛情に恵まれ、勝利に導くと伝えられています。 恋愛運
別名 紅玉
化学組成 Al2O3
モース硬度 9
主な産地 スリランカ・タイ・インド・ミャンマー・タンザニア・ブラジル・マダガスカル
石の特徴・意味など コランダムグループの中で、最も価値が高いとされる石。良質のものは高価なジュエリーになるが、天然石としてとらえた場合、針状の内包物によるアステリズム効果や、条痕のあるもの、石英と共生しているものも重要視される。
名前はラテン語の赤(ルビウス)から。
色の通り、情熱的な心を持たせてくれる。無気力さに悩まされる人が持つと、好奇心や行動力が出てくるという。7月の誕生石。
浄化方法・取り扱い上の注意 自浄作用があるため、頻繁な浄化の必要はなし。但し水にも太陽光にもやや弱いため、月光とお香(またはクラスター)での浄化推奨。硬度が高いため、他の石と一緒に取り扱う際には、他石に傷をつけないよう充分に注意を。

天然石についてレッドコーラル(珊瑚) コーラル / Coral 女性にとってのお守りであり、不安を取り除き愛情豊かになると伝えられています。 恋愛運 癒し お守り

天然石についてレッドジャスパー 碧玉 / Red Jasper 不安を取り除き、勇気、行動力をもたらすと伝えられています。 成功運

天然石についてレッドタイガーアイ 赤虎目石 / Red Tiger's eye 消費したお金を呼び戻し、富をもたらすと伝えられています。 金運

天然石についてレッドメノウ 瑪瑙 / Red Agate 勇気を与え、人の悪意や嫉妬をはねのけ、スムーズな人間関係を築くと伝えられています。 恋愛運 対人関係

天然石についてレピドライト リシア雲母 安定感をもたらし、潜在能力を発揮できるよう助けてくれる石です。
別名 リシア雲母・リチア雲母・鱗雲母
化学組成 K(Li,Al)3(Si,Al)4O10(F,OH)2
モース硬度 2.5〜4
主な産地 ブラジル・アフガニスタン・マダガスカル・スウェーデン
石の特徴・意味など マイカ(雲母)の一種。トルマリンなどと共生して発掘されることが多い。
持ち主をリラックスさせる効果が高く、他の石との調和も良い。トルマリンなどの伝播製の強い石の力を、更に増幅させるパワーがある。意見が対立した時、環境が変化した時など、この石が持ち主を強く支えてくれる。挑戦しよう、という力を与えてくれる頼りになる変革の石。所有者の運気や体調によって、カラー変化が起こると言われている。
浄化方法・取り扱い上の注意 水晶クラスター・お香・月光での浄化に適する。硬度が高くないので、取り扱いには注意。

天然石についてレモンクオーツ
別名 レモン水晶・サルファ水晶・硫黄入り水晶
化学組成 SiO2+S
モース硬度 7
主な産地 日本
石の特徴・意味など 石英中に硫黄が内包された石。不透明なクリームイエローから半透明のライトイエローまで、硫黄の内包量によって色の濃淡がある。原石を軽くこすると硫黄の香りがする。
困難な状況、環境を打開する力を持つ。リラックスした眠りをもたらす。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と軽い太陽光での浄化が適する。退色が心配な場合は月光浴かお香で。

天然石についてローズクォーツ 紅水晶 / Rose Quartz 女性の愛と魅力を高め、恋を成就させると伝えられています。 恋愛運
別名 紅水晶・紅石英
化学組成 SiO2
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・マダガスカル
石の特徴・意味など 石英グループの一つで、微量のチタンを含み半透明のピンク色をしている。結晶はほとんど育たず、主に塊状で採掘される。マダガスカル産のローズクォーツは、チタンがルチル状で内包されているため、カボションカットやスフィアにすると、美しいスター効果が現われる。
心を穏やかにし、気持ちを和らげる。自分を許し、自分を認めることを助けてくれる石。恋愛に効果があると言われ、愛情を得たい、恋人が欲しい人が持つと良いとされる。寂しい人をあたたかいパワーで包んで癒してくれる石。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水、太陽光での浄化に適する。透明度が高い石は月光浴の方が良い。

天然石についてロードクロサイト / Rhodochrosite 情熱を呼び起こし、実り豊かな人生に導き、また無限の愛情で持つ人を包み込み、心に受けた傷を癒すと伝えられています。 恋愛運 癒し
別名 菱マンガン鉱・インカローズ
化学組成 Mn2+CO3
モース硬度 3.5〜4
主な産地 アルゼンチン・ペルー・アメリカ・日本
石の特徴・意味など 濃淡のあるピンク・ホワイト・グレーの層を持ち、塊状で採掘される。南北アメリカ大陸に多く鉱山があるが、北海道でも上質のものが産出される。インカローズの別名は、産出地である南米・インカの薔薇という意味である。アルゼンチン産は縞がはっきりとしていて明るいピンク、ペルー産は縞が少なく深みのあるサーモンピンク、アメリカ・コロラド産は素晴らしいラズベリーレッドの結晶として見つかる。また北海道産は、とろんとした独特の薔薇色である。
やる気が出ない時は心身を活性化し、また、傷ついた時には慰めとなる石。情熱を呼び起こすと言われ、恋心・愛情に関することを良い方向へ導く。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と月光浴での浄化が適する。太陽光は褪色の恐れがあるので注意。

天然石についてロードナイト バラ輝石 / Rhodonite 不安や恐怖から発生するいらだちを取り除き、また愛情表現を豊かにして、愛と優しさを育むと伝えられています。 恋愛運 癒し 別名 バラ輝石
化学組成 (Mn2+,Fe2+,Mg,Ca)SiO3
モース硬度 5.5〜6.5
主な産地 ブラジル
石の特徴・意味など 塊状で産出され、ギリシャ語で「薔薇の石」を指す通り独特の深いピンクをしている。色が均一で半透明の物が上質だが、ブラックで樹枝上のインクルージョンがあるものも人気がある。
不安や恐怖心を和らげ、自信を取り戻すことができるといわれている。愛情が溢れ、人間関係を円滑にする。愛情の表現方法や、愛するためにはどう行動すれば良いのか、という知恵を授けてくれるという。
浄化方法・取り扱い上の注意 流水と太陽光が適する。